ウィッチヘーゼルの効能・効果 化粧水にも最適

ウィッチヘーゼルの効能・効果 化粧水にも最適
◎ウィッチヘーゼルに期待される効果◎
収斂作用、抗菌作用、抗酸化作用、消炎作用、クレンジング作用

スポンサーリンク

ウィッチヘーゼルとは

ウイッチヘーゼルはアメリカマンサクとも呼ばれる、アメリカ東部とカナダを原産地とするマンサク科の落葉低木(樹高は5メートルほど)で、現在では欧州でも広く栽培されています。ウイッチヘーゼルの葉の部分を夏に収穫してハーブとして利用します。

ウィッチヘーゼルの葉は、アメリカ先住民によって切り傷や湿疹、創傷や虫刺され、皮膚の炎症等の治療に利用されていたそうです。

ウィッチヘーゼルの効能・効果

ウィッチヘーゼルは、紫外線や大気汚染物質などが原因となって起こる脂肪の老化が促進されるのを抑制する働きを持ちます。
さらに、ウィッチヘーゼルは、収斂作用、抗酸化作用、消炎作用、抗菌作用、クレンジング作用などの効果があり、にきび肌、日焼け後の肌のケア、男性のひげそり後の肌に、ローションやクリームなど化粧品に配合・利用されていることが多いです。

肌に必要なうるおいをきちんと補給しながら、さっぱりと肌を整えます。
テカリを防ぐ効果もあるので、化粧下地にも最適です。
洗顔後、コットンに含ませてパッティングすると、肌が引き締まり、シワ予防、ニキビ予防になります。また、冷やした抽出液をパックにすることも有効です。

収斂作用

皮膚の収れん作用から、夏の時期にありがちな毛穴の黒ずみや目立ちを改善して、肌のキメを整えてくれます。また、皮脂の過剰な分泌を抑制してくれます。

抗酸化作用・消炎作用

抗炎症作用があり、虫さされの後や、ニキビの炎症、また紫外線を浴びた後の酸化を防ぐことで、そのダメージによる炎症を緩和してくれます。
ウィッチヘーゼルは、ほとんどの肌トラブルの原因でもある皮膚の炎症や酸化による肌トラブルを防いでくれます。

保湿作用

皮脂を抑えて肌のべたつきを抑えてくれながらも、肌表面からの水分の蒸発を防ぐ保湿効果もあります。

化粧品の原料に利用

ウィッチヘーゼルは様々な作用を持つことから、アメリカやヨーロッパでは、多くのニキビ用の化粧品や、収れん化粧水、拭き取り化粧水に配合されています。

ウィッチヘーゼルご利用上の注意点

ウィッチヘーゼルは、子供・高齢者は外用に限ります。内用すると消化器官に不快感を及ぼします。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク