ウンデシレン酸の効果で水虫治療?副作用は?

◎ウンデシレン酸に期待される効果◎
抗菌作用、防腐作用、防臭効果(水虫やたむし、はたけ、いんきん等の治療)等

スポンサーリンク

ウンデシレン酸とは

ウンデシレン酸とは、ヒマシ油から抽出された成分で、炭素数11の不飽和脂肪酸のことを言います。人間の汗にも含まれるに近いことから副作用の少ない『抗真菌薬』と呼ばれることもあります。
ウンデシレン酸は、優れた殺菌力があり、天然の抗菌成分として、近年医療現場でも注目されています。また、抗菌作用や防腐作用、防臭効果も有し、水虫やたむし、はたけ、いんきん等の治療に用いられます。
殺菌やフケ取りなどの目的で配合されていますが、特に爪水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)の繁殖を抑制する効果が高いです。

ウンデシレン酸の効能・効果

ウンデシレン酸には抗菌作用防腐作用防臭効果があり、水虫たむしはたけいんきん等の治療に用いられています。殺菌やフケ取りなどの目的で配合されます。

ウンデシレン酸は人間の汗に含まれる脂肪酸の一種で、皮膚表面のpH(ペーハー)を酸性に傾け、水虫の原因菌である白癬菌が繁殖できない環境を作ってくれます。
また、人の汗の成分に近いので、副作用の少ない抗真菌薬とされています。

ウンデシレン酸ご利用上の注意点(副作用)

  • ウンデシレン酸を飲むと、めまい・頭痛・腹痛を起こす。
  • 濃度が高いと皮膚刺激がある。アレルギー性皮膚炎をおこすことがあります。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク