スコポレチンの効能・効果で生活習慣病予防

◎スコポレチンに期待される効果◎
血圧の正常化、抑うつの改善効果、抗酸化作用、抗炎症作用、抗ヒスタミン作用 等

スポンサーリンク

スコポレチンとは

スコポレチンとは、アカネ科の熱帯植物でノニの果実や種子に含まれている薬用成分でクマリン誘導体の配糖体です。この成分は、1993年ハワイ大学で抽出されたものです。和名でヤエヤマアオキとよばれています。

スコポレチンの効能・効果

スコポレチンには血管を拡張する効果や血圧を調整する作用があります。
スコポレチンは血液をサラサラにするので動脈硬化を改善して心臓病や脳梗塞などの生活習慣病の予防にも効果的です。

また、抗炎症剤や抗ヒスタミン剤としての機能を持つことが確認され、アレルギー性鼻炎や花粉症、アトピー性皮膚炎、関節炎などにも効果があると言われています。

スコポレチンご利用上の注意点

  • スコポレチンは主に天然の自然食品ノニから得られる成分です。元もの食品ですので、副作用などは今のところないようです。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク