L-アルギニンの効果は子どもの成長に不可欠

L-アルギニンの効果
◎L-アルギニンに期待される効果◎
免疫力増強、成長ホルモン放出促進 等

スポンサーリンク

L-アルギニンとは

Lアルギニンはアミノ酸のアルギニンの天然の形です。アルギニンとは身体の中でタンパク質を作り、生きていくために必要不可欠なアミノ酸のひとつです。
L-アルギニン塩酸塩は体内でも合成されるので必須アミノ酸ではありませんが、発育期、成長期には欠かせないアミノ酸の1つです。体内で作り出せる量は少なく、不足した分を食事で補う必要があるため、準必須アミノ酸と呼ばれることもあります。

L-アルギニンの効能・効果

L-アルギニンには以下のような効果があるとされています。

  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 精力増強
  • 老化防止(アンチエイジング)
  • 疲労回復
  • 生活習慣病予防
  • 筋肉強化(筋力強化)

などに良い影響を及ぼすと考えられています。
L-アルギニンは体内でグルタミン酸から生成されますが、それだけではアルギニンの摂取量は不十分と見なされているため、アルギニンは準必須アミノ酸と呼ばれています。特に子供の場合は必要十分の量のアルギニンを合成できないため、子供にとってアルギニンは必須アミノ酸です。

L-アルギニンを含む食品

L-アルギニンは、肉類に魚介類、豆類に多く含まれています。

  •  乳製品(カッテージチーズ、牛乳、ヨーグルト)
  • 肉製品(牛肉、豚肉、鶏肉、野生動物の肉)
  • 海産物(特にロブスター、マグロ、オヒョウ)
  • シリアル(グラノーラ、オートミール)
  • ナッツ類(ピーナッツ、ココナッツ、ピーカンナッツ、ウォルナッツ、カシューナッツ)
  • シード類
  • ヒヨコマメ類
  • 大豆類

など多様な食品に多く含まれています。
またL-アルギニンを効果的に吸収するにはL-アルギニンと共にビタミンB6を摂ることが良いと言われています。

L-アルギニンの摂取量

筋肉量の増加や体重の減少といった効果を得るためには、1日におよそ1〜8g前後のアルギニンが必要であるとされています。L-アルギニンを多く含んでいる豆類や肉類、魚介類を十分取り入れてください。
食事で配慮できない部分はサプリメントを取り入れるなどして効率良く摂取するのもいいかもしれません。

L-アルギニンご利用上の注意点(副作用)

  • L-アルギニンの副作用として、過剰摂取による下痢の症状が見られ、肝臓の悪い人、腎機能の低下した人は、腎臓がやられてしまい生命に危険が及ぶことが報告されています。
  • 統合失調症患者およびヘルペスウィルスや他のウィルスに感染している人はアルギニンを利用しないようにして下さい。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク