桑の葉に含まれる成分と効果・効能とは

桑の葉
 
◎桑の葉に期待される効果◎
血圧降下、血糖降下、高血圧予防、糖尿病予防、動脈硬化、鎮痛効果、解熱効果、鎮咳効果、去痰効果、利尿効果、発汗効果、抗菌効果 等

スポンサーリンク

桑の葉とは

桑の葉のとは、クワ科クワ属の総称で、原産は中国北部から朝鮮半島です。中国では貴重なシルクを生み出すカイコの栄養源として4千年以上前から利用されていたそうです。また古くから桑の葉を乾燥させたものなどが生薬として利用されていました。
日本には3世紀頃、桑の葉を飼料とするカイコとともに伝えられ、ヤマグワ、カラヤマグワ、ログワの3種の系統が栽培されています。春には淡黄色の小さな花をつけます。初夏に赤い集合果がつき、後に黒紫色に熟します。

桑の葉の効能・効果

桑の葉には、食物繊維、ビタミン類、レチノール、カロチノイド、フラボノイド類、ミネラル類がなどが豊富に含まれています。その中でも骨の成長に必要なカルシウムの含有量が特に多く、牛乳の27貝母の量が含まれています。さらに桑の葉は血糖値が上昇するのを防ぐ働きがあると言われています。

桑の葉は健康茶(桑の葉茶)がお手軽でオススメ

桑の葉を使用した健康茶、桑の葉茶は沢山の市販品があります。市販の桑の葉茶には、茶葉タイプ・粉末タイプ・ティーバッグタイプの3種類がありますが、どれも手軽に利用できるものですので、桑の葉をお手軽に試してみたいという方にはオススメです。

桑の葉ご利用上の注意点

桑の葉を利用したことで健康上問題となる副作用や被害は今のところありません。
糖尿病治療中でなんらかの薬を服用している場合は、かならず医師に相談したうえで使用してください。妊婦・授乳中の方は利用を避けた方が無難でしょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク