コラーゲン効果はサプリメントで

コラーゲン効果はサプリメントで
◎コラーゲンに期待される効果◎
骨密度上昇、育毛効果、関節痛の解消、美肌効果、バストアップ効果、便秘解消 等

スポンサーリンク

コラーゲンとは

コラーゲンは繊維性のタンパク質のひとつで、セラチンや、ゼリーもその類縁物質です。

細長い繊維状をしていて、動物の組織の細胞間物質の主成分として、特に皮膚,骨,腱などに多く含まれていて皮膚組織の70%はコラーゲンが占めるほどです。
近年コラーゲンの様々なタイプが明らかにされて皮膚や骨、眼の水晶体、関節の軟骨にあるタイプなど、それぞれ性質の異なるコラーゲン29種類ほどが知られるようにな りました。
絶えず新陳代謝を繰り返している体内ではコラーゲンの産生が不可欠ですが、コラーゲンは細胞の中でアミノ酸から作られますが特殊な細胞の中でしか作られません。また、25歳を過ぎた頃から、体内で新しく作られるコラーゲン量が減少してくるため、新陳代謝がスムーズに行われないという事が起こってきます。
加齢と共に、皮膚にたるみやしわ・白髪や抜け毛・高血圧、骨粗しょう症・関節炎・老眼・動脈硬化などが出現しやすくなるのはそのためでもあるのです。
従来コラーゲンは化粧品の保湿剤として主に用いられてきたのですが、皮膚の保湿や新陳代謝の活性化が認められたところから近年は健康食品・サプリメント分野でも注目されています。

コラーゲンの種類

体内には29種類のコラーゲンが確認されています。
発見された順にⅠ型、Ⅱ型…と名付けられており、構造や分子量によって性質が異なります。
人間の体内に特に多く存在しているのは、Ⅰ型コラーゲンⅡ型コラーゲンです。
I型コラーゲンは皮膚や骨、腱などに最も多く含まれており、主に内側から体を支える柱のような働きをしています。
Ⅱ型コラーゲンは軟骨に多く含まれており、水分を溜め込み関節を守るクッションのような役割を担っています。

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンは様々な食品に含まれていますが、特に牛すじ・鳥の手羽先・鳥なんこつ・豚足・うなぎ・カレイ・フカヒレなど数多くの食品に含まれています。しかし、これらの食品を食べ過ぎると、脂質を過剰摂取する恐れがあるため注意が必要です。コラーゲンをより効率的に摂取できるのは、低分子化され吸収率を高めたコラーゲンが利用されているサプリメントなどの健康食品でしょう。

コラーゲンサプリメント

コラーゲンサプリメントの原料は、

  • 牛や豚などに含まれる動物性コラーゲン
  • 魚などに含まれる海洋性コラーゲン

の2種類に分類されます。
海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンの7倍も体内への吸収が優れているといわれています。そのため、コラーゲンをサプリメントなどで摂取する場合は、海洋性コラーゲンが配合されているものを選ぶと良いといわれています。

コラーゲンの摂取量

1日のコラーゲンの摂取目安量は5~10gといわれており、毎日摂り続けることが大切です。
さらに、コラーゲンを合成する時に欠かせないビタミンCや鉄を一緒に摂ることで相乗効果が得られるといわれています。

関節痛が気になる場合はコラーゲンとともに、グルコサミンやコンドロイチンなどを一緒に摂取すると良いといわれています。

コラーゲンの効能・効果

コラーゲンは、角質層の水分補給や維持に役割を果たすと共に、皮膚の抹消毛細血管を拡大し、血行を促進する働きがあり皮膚細胞の活性化や代謝促進など、皮膚全体にも重要な役割を果たしています。

高品質のコラーゲンを摂取する事で、では次のようなアンチエイジング効果が期待できます。

  • 骨密度上昇
  • 育毛効果
  • 関節痛の解消
  • 美肌効果
  • バストアップ効果
  • 便秘解消

美肌効果

肌は、表面に近いところから表皮・真皮・皮下組織の3つの組織に分けられる肌の真皮の部分にコラーゲンは含まれており、真皮全体の約70%をコラーゲンが占めています。線維状のコラーゲンが網の目のように交差し、エラスチンヒアルロン酸とともに肌を内から支え、肌のハリと弾力を保っています。
コラーゲンを摂取することによって体内のコラーゲン合成が活発になり、肌にハリや弾力を与え、しわやたるみを防ぐ効果があると期待されています。

骨を丈夫にする効果

骨を構成する成分の80%がカルシウムやリンなどのミネラルが支えとなるコラーゲンの周りに付着することで丈夫な骨がつくられます。近年の研究で、 コラーゲン線維が古くなりカルシウムやリンなどの骨の構成成分がコラーゲンに付着しにくくなると、骨がもろくなり骨粗しょう症につながることがわかっています。

動脈硬化を防ぐ効果

血管壁の強度と弾力性は、血管の主成分であるコラーゲン線維によって保たれています。 
コラーゲンが不足すると血管が傷ついた際に修復機能がうまく働かず、血管がボロボロになってしまいます。

コラーゲンのその他の効果

コラーゲンには、爪を強化する効果や白髪・抜け毛を防ぎ美しい髪へ導く効果、筋肉量を増やす効果、創傷の治癒を促進する効果、歯周病を予防する効果、血圧や血糖値を調整する効果などがあるといわれ、医療の分野でも期待が集まっています。

近年急成長した医療技術は、病気を治すことだけでなく「若さを保つ」という分野でも研究開発が進展し「アンチエイジング」という言葉は一般的に認知されるようになりました。若返り技術ともいえる、このアンチエイジングに、コラーゲンサプリメントは最も手軽且つ確実な効果をもたらすでしょう。

コラーゲンはこんな方にオススメ

  • 肌のハリや弾力を保ちたい方
  • しみ、そばかすが気になる方
  • 関節痛を緩和したい方
  • 骨粗しょう症を予防したい方
  • 動脈硬化を予防したい方
  • 白髪・脱毛を予防したい方

コラーゲンご利用上の注意点

現在の所、コラーゲンによる重大な副作用は報告されておらず、また、コラーゲン配合のサプリメントや医薬品との相互作用も、今のところ報告されていません。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク