カレンデュラの効能・効果・副作用

カレンデュラの効能・効果・副作用
◎カレンデュラに期待される効果◎
殺菌力、抗炎症作用、保湿効果、収斂作用、抗痙攣作用、抗炎症作用、解毒作用、防腐作用、抗ウイルス作用、ホルモン様作用、発汗作用、利尿作用 他

スポンサーリンク

カレンデュラとは

カレンデュラとは、地中海原産のキク科カレンデュラ属の多年草で、春から初夏にかけて、黄色やオレンジ色の花を咲かせます。別名は、キンセンカやマリーゴールドなどと呼ばれています。

ハーブティーにしたマリーゴールドには、草の芳香があり、癖のない味となっていますが、やや苦味が感じられます。その色は黄金色で、胃潰瘍及び胃炎などの炎症を鎮める働きを持つことで知られています。

カレンデュラの効能・効果

カレンデュラは、殺菌力、抗炎症作用、保湿効果により、切り傷やすり傷、虫刺され(かゆみ、傷、かぶれ)や出血や化膿している傷など外傷全般、さらに口内炎、消化不良の改善などに効果的と言われていて、サプリメントでは、エッセンシャルオイルがよく販売されています。

また、カレンデュラ配合のカプセルや錠剤、ハーブティーなども人気があります。

ハーブティーとして利用した場合、収斂作用、抗痙攣作用、抗炎症作用、解毒作用、防腐作用、抗ウイルス作用、ホルモン様作用、発汗作用、利尿作用などが期待できます。

また、肝臓へ作用し、アルコール分解を促す働きや潰瘍痛及び生理痛といった痛みを軽減する働きがあるとされています。更に、帯状疱疹などへも有用に働きかけると言われています。

カレンデュラご利用上の注意点

  • カレンデュラの過剰摂取によりアレルギーを起こす場合があります。特に、キク科の植物にアレルギーを持っている方は注意が必要です。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク