クランベリーの効能・効果

グランベリー
 
◎シスチンに期待される効果◎
抗酸化作用、殺菌・抗菌作用、膀胱炎・尿道炎予防、コレステロールの抑制作用 他

スポンサーリンク

クランベリー

クランベリーは、ヨーロッパ、北アメリカ両大陸の寒冷地に生育するツルコケモモ科の小果樹で、果樹で、特にアメリカでは品種改良が行われて大規模に栽培されています。

クランベリーは、サクランボのような真紅の果実をつけますが、酸味が大変強く生食には適しません。一般的にはジュースや料理用ソース、菓子などに利用されており、特にアメリカではクランベリーは、七面鳥料理にかかせない素材です。

クランベリーは、古くはアメリカインディアンが生薬として利用していたとも言われていますが、心臓病の多いアメリカではコレステロール値が高いと指摘されたらクランベリーを摂ると言うぐらい一般的な果物です。

クランベリーには食物繊維がイチゴの10倍以上も含まれており、さらに、ナトリウム・リンなどのミネラル類やビタミンCも豊富に含まれています。

クランベリーの効能・効果

ビタミンCの美容効果

クランベリーにはビタミンCが多量に含まれているので、その抗酸化作用により美肌効果が期待できます。

スポンサーリンク

食物繊維で便秘解消効果

3日・4日と便秘が続くとツラいですよね。
クランベリーに含まれる多量の食物繊維が腸内環境を整えてくれるので便秘解消につながることが考えられます。

ピロリ菌除去効果

クランベリーには胃の中に巣くっているピロリ菌により引き起こされる胃潰瘍を減少させる効果があるのではないかと考えられています。

尿路感染症に対する効果

クランベリーが健康に良い事は広く知られていますが、食物繊維とビタミンの含有量が高く、脂肪分が低いほか、研究の結果、北米産クランベリーは、尿路感染症の補助的療法としても効果があるのではと考えられていますが、現在のところ効果があるとした研究成果がでているとはいえないようです。

クランベリーご利用上の注意点

  • クランベリーをジュースとして多量に飲み続けると腎臓結石のリスクが高まるといわれています。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク