ゴールデンシールの効能・効果

◎ゴールデンシールに期待される効果◎
抗菌作用、整腸作用、子宮刺激作用、免疫力向上作用、抗腫瘍作用、抗炎症作用 等

スポンサーリンク

ゴールデンシールとは

ゴールデンシールは、北米に生息するキンポウゲ科植物です。

ゴールデンシールは、昔からアメリカの先住民がその根が感染性の下痢や、喉の痛みに効くとして薬用に用いてきたハーブのひとつです。

ゴールデンシールの効能・効果

ゴールデンシールの有効成分として、アルカロイドと言われる成分のベルベリンやヒドラスチンなどが挙げられます。
特にベルベリンは、黄色ブドウ球菌、赤痢菌、コレラ菌、大腸菌などに対する広範囲の抗菌作用や、整腸作用支給刺激作用免疫力を向上する作用抗腫瘍作用などが報告されています。この抗菌作用により、胃腸の消化器系だけでなく、風邪などのウイルスによる感染も予防する効果があるとされる。
ゴールデンシール

また、抗炎症作用もあるとされ、気管支炎や消化不良、食欲不振、胃炎や大腸炎の予防・改善効果が期待できるとされ、ほかにも、子宮に対する作用で月経過多の改善などにも。

ゴールデンシールご利用上の注意点

有効成分としてアルカロイド類が含まれているのですが、アルカロイド類は毒性があるので、摂取する量などには注意する必要があります。

また、子宮に影響を及ぼす作用があるため、妊娠中や授乳期間中は使用しないで下さい。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク