フォルスコリンの効能・効果で肥満予防

◎プエラリアに期待される効果◎
肥満抑制、高血圧の改善 緑内障予防 等

スポンサーリンク

フォルスコリンとは

フォルスコリンとは、インドやネパールが原産とされるシソ科植物のコレウス・フォルスコリから抽出された有効成分です。

プフォルスコリンの効能・効果

フォルスコリンは、古くからインドの伝統医学のアーユルベーダでも使用されてきました。

肥満予防効果

フォルスコリンは脂肪の分解に関わるアデニル酸シクラーゼを活性化させるので、脂肪の代謝を促進させる働きが期待されています。

高血圧予防効果

フォルスコリンは血圧を低下させる作用があります。フォルスコリンには心臓の筋肉や血管壁に作用し血管を拡張する為血圧を低下させ高血圧を予防する効果があります。

緑内障予防効果

フォルスコリンは眼圧を低下させる効果があるので緑内障を予防します。そのため点眼薬の成分としても利用されています。

喘息予防効果

フロスコリンが気管の筋肉を拡張させる作用を持つことから喘息の予防効果があるとされています。

フォルスコリンご利用上の注意点

  • 心臓への血流を促進する冠血管拡張薬、高血圧の治療薬を服用している方は使用は避けてください。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク