エキナセアの効果でインフルエンザ退治

エキナセアはメディカルハーブ
◎エキナセアに期待される効果◎
天然の免疫効果の向上、風邪、インフルエンザの緩和、ケガの治療の補助、有効な血液の清浄化 等

スポンサーリンク

エキナセアはハーブの1種

エキナセア(Echinacea)は、紫色の花をつける北米原産のキク科の多年草です。

何百年もの間、ネイティブアメリカンの人々が風邪の予防に使ってきたハーブで、 抗生物質のない時代のアメリカでは代表的な風邪治療薬でした。
エキナセアは、19世紀にヨーロッパへと紹介され、医薬品として用いられてきました。ドイツでは風邪の初期症状の改善や予防薬として用いられています。
日本、アメリカでも人気の高いハーブ゙サプリメントです。

抗生物質がウィルスに対してはあまり効果をあらわさないのに対して、エキナセアはウィルスに対しても効果を発揮することが認められ、近年改めて注目されています。

エキナセアの効果・効能

エキナセアの強力な免疫性刺激効果

今日、そしてヨーロッパでの10年後に、エキナセアは風邪、インフルエンザ、上部呼吸感染症の徴候を緩和する主要なハーブとなっているでしょう。
これはその強力な免疫性刺激効果が認められたからに他なりません。
新鮮に加工されたエキナセアパプレアがどのように体の異なる免疫性応答の多くを高めることができるかを多くの研究が明らかにしたのです。病気に対するよりよい抵抗は、Tリンパ球、好中球、自然のキラー細胞のような白血球の活動、生産の増加を通して達成されるのです。これはより多くの細胞がウィルスと戦い、殺すため、体内の影響を受けた分野に運ばれる必要があることを意味しています。
このように、インフルエンザやヘルペスのようなウィルスに対する抗ウィルス作用と同様にエキナセアはバクテリアやその他の浸入物に対し広い作用を示します。通常の風邪、インフルエンザを撃退するだけでなく、エキナセアは免疫力のための一般的サプリメント、いろいろな病気への抵抗力に有効な物質なのです。

エキナセアは組織の回復を促す。

エキナセアは、火傷、切り傷などの怪我のより早い回復に効果を現します。
組織の再生を促し、そして細胞を保つのに必要な細胞内セメントを分解する酵素を放出することで炎症を抑えるのです。
エキナセアは、血液の清浄のような作用に加えて、にきび、湿疹のような肌の徴候を緩和し、リューマチ性関節炎の痛みを和らげるという役割も果たすのです。

エキナセア利用時の注意点

  • エキナセアには毒性はないのですが、過剰摂取により下痢などの軽い副作用がでる場合があります。
  • 自己免疫性疾患,肺結核,糖尿病,エイズなどの病気の場合はエキナセアの摂取は控えたほうがよいでしょう。
  • キク科の花にアレルギーのある人も摂取を控えたほうがよいでしょう。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク