チロシンの効能・効果で疲労回復・うつ改善

◎チロシンに期待される効果◎
抗うつ作用、疲労改善、性機能促進、記憶力向上、注意力向上 他

スポンサーリンク

チロシンとは

チロシンとは、必須アミノ酸であるフェニールアラニンが変化して生成される非必須アミノ酸の事でL-チロシンとも言われます。納豆やチーズ、みそなどの表面に白く析出してくる結晶や、若いタケノコの切り口に見られる白いアクがチロシン で水には溶けにくい性質があります。

チロシンは体内でメラニンやアドレナリンなど神経を伝達するのに必要なホルモンを合成するのに必要とされています。

チロシンが体内で不足すると、代謝機能の衰えや低体温、無気力状態を引き起こす可能性があります。また、乳幼児の場合は、知能発育の遅れや成長障害を引き起こす場合があります。

チロシンは、多くの食品に含まれていますが、タケノコに含まれていることで話題にもなりました。また、サプリメントでは、精神疲労などの対策に効果的と言われているものが多く販売されています。

スポンサーリンク

チロシンの効能・効果

神経伝達物質のアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンの原料になり記憶力や集中力の向上や新陳代謝の促進などに役立ち、うつの症状の改善や慢性疲労症候群の改善、性機能の改善に効果的と言われています。
チロシンは、ドーパミンの生成を促すと言われているので、性的能力の衰えを防ぐ効果もあります。

チロシンご利用上の注意点

  • 脳の発達中の子供は、チロシンばかりとると栄養のバランスがくずれ脳の発達に悪影響をあたえるので摂りすぎないように。
  • また、チロシンはノルアドレナリンの量を増やします。ノルアドレナリンが過剰になると血圧が上がる可能性がありますので、高血圧の人は注意しましょう。
  • チロシンは、甲状腺ホルモンのチロキシン、トリヨードチロシンの原料になりますのでダイエット等が原因で不足すると、食物の正常な代謝ができなくなる可能性があると言われていますので、注意しましょう。
※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサーリンク