+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ゼアキサンチン

◎ゼアキサンチンに期待される効果◎
網膜の黄斑を正常に保つ、白内障予防、抗酸化作用 他

ゼアキサンチンとは

ゼアキサンチンとは、カロテノイドの1種であり、とうもろこしやほうれん草、卵黄などに多く含まれています。眼の網膜に存在する物質で、黄色い色素成分のことをいいます。

ゼアキサンチンの効能・効果

体内では網膜や黄斑部に、ルテインと共にゼアキサンチンは存在します。
黄斑は、網膜の中央部にあり、物体の形などを認識するなど、視力をつかさどる組織です。ゼアキサンチンは、ルテインと共に眼球に入ってきた紫外線など有害な光線を吸収すると共に強力な抗酸化作用で黄斑の脂質が酸化してダメージを受けたり、破壊されて視力が低下することや失明することを予防する効果があります。また、ゼアキサンチンは、白内障の予防にも効果があるとされています。

ゼアキサンチンご利用上の注意点

ルテイン及びゼアキサンチンの吸収を阻害する医薬品も存在するため、ケースによっては数十分程度の間隔を空けて摂取する必要もあります。一方、医薬品の吸収や作用を妨害する働きは、ルテイン及びゼアキサンチンにはないと言われています。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.