骨粗しょう症一覧

NO IMAGE

アカツメクサ

アカツメクサには、ゲニステイン、フォルムオノネチン、ダイゼイン、オノニン, シスソトリンなど、イソフラボン類の成分が豊富に含まれています。

NO IMAGE

カゼインホスホペプチド

カゼインホスホペプチドとは、カゼインと呼ばれる牛乳のたんぱく質から作られるペプチドの一種とされていて、カルシウムの吸収を促進する働きがあるといわれている成分です。

NO IMAGE

カルシウム

カルシウムは、人が生きていく上で欠かせない栄養素の一つで、体内では99%が歯と骨に存在し、人間の骨格を形成しています。残りの1%は血液や細胞内に存在し、心臓の機能調整や筋肉の収縮や弛緩などの、大変重要な働きをしています。

NO IMAGE

ビタミンK

ビタミンKの主な働きとしては、出血した時に血液を固めて止血する因子を活性化する役割をします。また、骨の健康維持にも不可欠で、骨にあるたんぱく質を活性化し骨の形成をうながすことも知られています。このため、ビタミンKは骨粗しょう症の治療薬としても使われています。

NO IMAGE

レッドクローバー

レッドクローバーは、女性ホルモン類の働きを良くするイソフラボンを含むハーブで、レッドクローバーのエキスが含むイソフラボン量は、同じイソフラボン効果で有名な大豆と比較しても、10~20倍もの含有量があります。またレッドクローバーに含まれるイソフラボンは、その量だけでなく、種類が豊富であることがわかっています。