鎮痛作用一覧

NO IMAGE

カミツレ

カミツレに含まれる成分には、消炎・保湿・発汗・鎮静・鎮痛などの作用があり、不眠症・胃痛・生理痛の緩和、湿疹など皮膚の炎症を鎮め肌を整える、その他、毛髪を美しく保つなどの目的で用いられ、「女性のためのハーブ」とも言われています。

NO IMAGE

キャッツクロー

キャッツクローに含まれる薬用成分である6種類のアルカロイドは、鎮痛、抗炎作用に優れており、リウマチ、腰痛、関節炎、肩こり、膝痛、神経痛、痛風などあらゆる痛みの緩和に効果的です。

NO IMAGE

クローブ

クローブとは、インドネシアなど東南アジア方面が原産とされるフトモモ科の常緑木で、別名は丁子(チョウジ)と呼ばれています。

NO IMAGE

ノニエキス

ノニエキスには、必須アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類など150種類以上の有効成分が含まれているため、ノニの果汁エキスには細胞の活発化や免疫力を向上させ、自然治癒力を高める効果があるといわれています。

NO IMAGE

ラベンダー

ラベンダーとは、ヨーロッパ地方に広く分布しているシソ科ラベンダー属の多年草で、花には芳香があり、古くから香料や入浴剤などに使用されてきました。サプリメントでは、花から抽出されたエッセンシャルオイルやハーブティーなど、数多く販売されています。