補酵素一覧

NO IMAGE

アルファリポイック酸

アルファリポイック酸は細胞中のミトコンドリアに存在する補酵素で、美容や健康維持に役立つ成分としておなじみです。単体でももちろんのこと、他のサプリメントとの併用もお勧めです。特に コエンザイムQ10や、L-カルニチン との相性がよいと言われています。

NO IMAGE

パントテン酸

パントテン酸は、ストレスを緩和する副腎皮質ホルモンの働きを促進する効果があります。また、ビタミンB6や葉酸と一緒に免疫力を強化する働きもあります。

NO IMAGE

ビタミンB1(サイアミン)

ビタミンB1とは、疲労回復のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。炭水化物や糖質をエネルギーに変える働きをする補酵素。脳のエネルギーとなるブドウ糖の代謝にも欠かせないビタミンであり、脳の働きを良くしたり、アルツハイマーの予防などにも効果があるとされている。

NO IMAGE

ビタミンB2

ビタミンB群本来の特徴ともいえる、補酵素としての働きが特に明確なのが、ビタミンB2です。ビタミンB2は、フラビン酵素の補酵素として重要な働きをしています。ビタミンB2は、美容のビタミンとも呼ばれ、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の生育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きを持っています。

NO IMAGE

ビタミンB3

ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドの総称で別名ビタミンB3とも呼ばれ、血行を良くし肌を健康に保つことから、別名『肌のビタミン』とも呼ばれています。ナイアシンは水溶性ビタミンで、すぐに尿として排泄されますが、通常の食生活をしていれば、ナイアシンが不足することはありません。