緑黄色野菜一覧

NO IMAGE

ベータカロチン(βカロチン)

βカロチンは、緑黄色野菜にたくさん含まれています。βカロチンは、体内でビタミンAに変わります。抗酸化作用があり、動脈硬化の予防や、心臓病の予防に効果があります。また、サプリメントで摂るときには、αカロチンやリコピンなどの他のカロチノイドも含まれているものの方が効果がいいようです。

NO IMAGE

モロヘイヤ

モロヘイヤは大変栄養価の高い野菜で、水溶性・不溶性の食物繊維はもちろん、ビタミンB1、B2、カロテン、カルシウム、リン、カリウムなど野菜類のなかでも特に含有量が多いのが特徴です。

NO IMAGE

リコピン

リコピンとは、カロチノイド成分のひとつで、トマトなどに多く含まれています。カロチノイドには強い抗酸化力があり、生活習慣病の予防効果などが期待できるとされています。現在では、リコピンを配合したサプリメントも色々な製品が市販されています。