水溶性ビタミン一覧

NO IMAGE

パントテン酸

パントテン酸は、ストレスを緩和する副腎皮質ホルモンの働きを促進する効果があります。また、ビタミンB6や葉酸と一緒に免疫力を強化する働きもあります。

NO IMAGE

ビタミンB1(サイアミン)

ビタミンB1とは、疲労回復のビタミンとも呼ばれる水溶性ビタミン。炭水化物や糖質をエネルギーに変える働きをする補酵素。脳のエネルギーとなるブドウ糖の代謝にも欠かせないビタミンであり、脳の働きを良くしたり、アルツハイマーの予防などにも効果があるとされている。

NO IMAGE

ビタミンB3

ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドの総称で別名ビタミンB3とも呼ばれ、血行を良くし肌を健康に保つことから、別名『肌のビタミン』とも呼ばれています。ナイアシンは水溶性ビタミンで、すぐに尿として排泄されますが、通常の食生活をしていれば、ナイアシンが不足することはありません。

NO IMAGE

ビタミンC

アスコルビン酸には、メラニンの抑制やコラーゲン合成の促進、抗酸化作用などさまざまな働きを促進しますが、直接人間の体内では作り出すことができない成分ですので、ミカンやレモンなどの柑橘類、キウイ・いちご・メロンなどの果物や野菜類など食品類や、サプリメント、化粧品などから摂取する必要がります。

NO IMAGE

ビタミンH

ビタミンHは、ビタミンCの合成や、糖質・脂肪・たんぱく質の代謝に必要なものです。ビタミンHの主な効果としては、皮膚の健康を保つ、筋肉痛を和らげるなどが挙げられます。他にも、白髪になるのを防いだり、抜けにくい髪の毛を作ったりと、髪の毛で悩んでいる人にはとても嬉しい効果を持つビタミンです。

NO IMAGE

葉酸

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、水溶性ビタミンです。DNAの合成や細胞分化に作用するため、胎児や乳幼児に不可欠なビタミンです。そのため、妊娠中は積極的に摂取することが勧められています。また、肺ガンや子宮ガン、心臓発作、脳卒中などの予防にも効果があるとされています。