整腸作用一覧

NO IMAGE

インディアンセージ

インディアンセージは、最も優れた強壮薬であり、そして最も病気に効くハーブのひとつです。インディアンセージは、体の外部ではケガや虫さされに使用され、ハグキの出血、のどの痛み、喉頭炎や扁桃炎にはうがいとして使用します。内部では身体の強化、寝汗の緩和、筋肉のけいれんの解消、脊髄障害治療によいとされます。

NO IMAGE

オオバコ

オオバコの種子の皮にはサイリウムという食物繊維が豊富です。インドでも、インドオオバコの種が民間の便秘薬として使われていました。

NO IMAGE

オリゴ糖

オリゴ糖はブドウ糖や果糖などの単糖が数個結合したものを指しますが、オリゴ糖は健康作用に優れることから健康食品として幅広く活用されています。

NO IMAGE

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は腸内有用菌の活性化、虫歯の原因になりにくい、甘さが控えめ、低カロリーなどの特徴の他、たんぱく質の消化吸収を助ける機能性を持ちます。

NO IMAGE

カルダモン

カルダモンには、疲労回復や整腸作用があり、胃腸を刺激し消化を助け発汗を促すと言われているので、身体を温めたい方にぴったりのハーブです。また、口臭予防にも効果があるとされ、ガムなどにも配合されています。

NO IMAGE

キシロオリゴ糖

キシロオリゴ糖とは、トウモロコシに含まれるキシランを原料とし、さわやかな甘味がある。消化酵素では消化されないため低カロリーで、腸まで届くオリゴ糖の一種です。

NO IMAGE

グアーガム

グアーガムには、便を柔らかくしスムーズに排出して、おなかの調子を整える作用があります。また、体内で水分を吸って膨らむので満腹感も得やすく、胃の中に滞在する時間が長いため血糖値・コレステロール値の上昇を抑える効果もあり、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症に対して経口摂取で有効性があるといわれてます。

NO IMAGE

クロロフィル

クロロフィルは、消臭・殺菌効果のほかに、ビタミンCとの相乗効果で美白・美顔などの化粧品・口臭予防液に利用され、また、銅と結びついた銅クロロフィルは顔料としての色落ちが少ないことと、鉱物顔料より肌にやさしいということもあり、メイク用に使われています。

NO IMAGE

桑の葉

桑の葉には、食物繊維、ビタミン類、レチノール、カロチノイド、フラボノイド類、ミネラル類がなどが豊富に含まれています。桑の葉は血糖値が上昇するのを防ぐ働きがあると言われています。