抗菌作用一覧

NO IMAGE

アホエン

アホエンとは、ニンニクに含まれる成分で、ニンニクを100℃以下の熱で加熱するとアリシンがアホエンに変化します。アホエンには強い抗酸化作用があり、脳の老化予防、コレステロールの抑制、ガンの予防、肌の健康など様々な効果があるとされています。

NO IMAGE

ウィッチヘーゼル

ウィッチヘーゼルは、紫外線や大気汚染物質などが原因となって起こる脂肪の老化が促進されるのを抑制する働きを持ちます。収斂作用、抗酸化作用、消炎作用、抗菌作用、クレンジング作用なども効果があり、にきび肌、日焼け後の肌のケア、男性のひげそり後の肌に、ローションやクリームなど化粧品に配合・利用されていることが多いです。

NO IMAGE

ウンデシレン酸

ウンデシレン酸とは、ヒマシ油から得られる炭素数11の不飽和脂肪酸で、抗菌作用や防腐作用、防臭効果があり、殺菌やフケ取りなどの目的で水虫やたむし、はたけ、いんきん等の治療に用いられます。

NO IMAGE

王乳

王乳には、タンパク質が多く、果糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが含まれており、免疫向上、アレルギー抑制作用、抗菌作用、肝機能の改善効果、中性脂肪やコレステロールの低下などの作用があることが明らかになってきました。

NO IMAGE

ガジュツ

ガジュツは日本名では「紫ウコン」とも呼ばれる多年草で、春ウコン(キョウオウ)、秋ウコン(ターメリック)とは同じショウガ科の仲間です。もともとはヒマラヤ原産で広く熱帯で栽培されていました。

NO IMAGE

クローブ

クローブとは、インドネシアなど東南アジア方面が原産とされるフトモモ科の常緑木で、別名は丁子(チョウジ)と呼ばれています。

NO IMAGE

クロロフィル

クロロフィルは、消臭・殺菌効果のほかに、ビタミンCとの相乗効果で美白・美顔などの化粧品・口臭予防液に利用され、また、銅と結びついた銅クロロフィルは顔料としての色落ちが少ないことと、鉱物顔料より肌にやさしいということもあり、メイク用に使われています。

NO IMAGE

ゴールデンシール

ゴールデンシールは、北米に生息するキンポウゲ科植物です。ゴールデンシールは、昔からアメリカの先住民が根を感染性の下痢や、喉の痛みに効くといわれ薬用に用いてきたハーブのひとつです。