抗炎症作用一覧

NO IMAGE

アシュワガンダ

アシュワガンダは、おもに根の部分に含まれるウィタフェリンA、シトインドサイドなどの成分が複雑に関連しあって、恒常性維持システムに働きかけ、精力を強くしたりする作用をもたらしていると考えられます。

NO IMAGE

アホエン

アホエンとは、ニンニクに含まれる成分で、ニンニクを100℃以下の熱で加熱するとアリシンがアホエンに変化します。アホエンには強い抗酸化作用があり、脳の老化予防、コレステロールの抑制、ガンの予防、肌の健康など様々な効果があるとされています。

NO IMAGE

エルダーフラワー

エルダーフラワーは、風邪のひき始めや、花粉症のアレルギー症状の緩和に役立ちます。発汗作用、抗炎症作用、利尿作用があります。また、花粉症の他にリウマチ、痛風を改善…

NO IMAGE

カレンデュラ

カレンデュラとは、別名、キンセンカやマリーゴールドなどと呼ばれ、切り傷やすり傷、口内炎、消化不良の改善などに効果的と言われていて、サプリメントでは、エッセンシャルオイルがよく販売されています。また、カレンデュラ配合のカプセルや錠剤、ハーブティーなども人気があります。

NO IMAGE

キンセンカ

カレンデュラは、殺菌力、抗炎症作用、保湿効果により、切り傷やすり傷、虫刺され(かゆみ、傷、かぶれ)や出血や化膿している傷など外傷全般、さらに口内炎、消化不良の改善などに効果的と言われていて、サプリメントでは、エッセンシャルオイルがよく販売されています。

NO IMAGE

グラブリジン

グラブリジンとは、甘草に含まれている薬用成分のひとつで、イソフラボノイド系イソフラバンの一種です。

NO IMAGE

ゴールデンシール

ゴールデンシールは、北米に生息するキンポウゲ科植物です。ゴールデンシールは、昔からアメリカの先住民が根を感染性の下痢や、喉の痛みに効くといわれ薬用に用いてきたハーブのひとつです。

NO IMAGE

サポニン

サポニンは、分子の中に水になじむ部分(親水性)と油になじむ部分(疎水性)の両方を持っているため、石鹸と同じように油を溶かし水で洗浄できる界面活性作用があります。このような作用から、サポニンはヒトの食物中でコレステロールの吸収を抑制するなど健康上有用な物質の一つです。

NO IMAGE

サメ軟骨

サメ軟骨はカルシウムやリン、コンドロイチンを豊富に含んでいます。特にコンドロイチンは、人体の中でも大変重要な役割をする物質で、角膜、皮膚、関節、心臓弁等に多く含まれ、減少すると関節炎、骨粗しょう症等などを引き起こすことがあります。

NO IMAGE

スコポレチン

スコポレチンには血管を拡張する効果や血圧を調整する作用があります。スコポレチンは血液をサラサラにするので動脈硬化を改善して心臓病や脳梗塞などの生活習慣病の予防にも効果的です。