抗がん作用一覧

NO IMAGE

アスコルビン酸

アスコルビン酸(ビタミンC)は、水溶性のビタミンで抗壊血病因子として発見されました。アスコルビン酸は、体内でコラーゲンの生成ならびに重要な抗酸化物質として働いています。

NO IMAGE

カロチノイド(カロテノイド)

カロチノイドは光に対して不安定で、酸化を受けて変色または退色しやすい性質を持ちます。動物はこのカロテノイドを合成できません。活性酸素から体を守る抗酸化作用が強く、心臓病や脳卒中、ガンを抑える働きがあります。

NO IMAGE

フコイダン

フコイダンは、腫瘍細胞に直接作用しアポトーシス作用を誘導させます。腸からフコイダンが吸収され、血液中を流れ癌細胞に到達しアポトーシスを誘導させ、 癌細胞は自滅します。

NO IMAGE

ヤマブシタケ

ヤマブシタケは、強い抗ガン作用を持っているようで、その腫瘍増殖抑制率は、ヤマブシタケの大きな可能性を示す成績を得ています。この他、ヤマブシタケの成分に神経成長因子合成促進物質が見つけられており、アルツハイマー型痴呆症の改善に効果を示すことも期待されています。