ポリフェノール一覧

NO IMAGE

エラグ酸

エラグ酸には、強い抗酸化作用があり、細胞の老化を抑制し、がん化を防ぐ効果があるとされています。また、血中のコレステロールや過酸化脂質を低減して、肝臓の機能を強化したり、高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化などの予防に効果があるとされています。

NO IMAGE

カテキン

カテキンとは緑茶などに含まれるポリフェノールのことで、注目されるのが、とても強い抗酸化作用です。口では抗ウイルス作用、胃では食中毒菌に対する殺菌作用、小腸では悪玉菌を減らしたり血管内では悪玉コレステロールの酸化を防ぎ動脈硬化予防に効果的だということです。

NO IMAGE

クルクミン

クルクミンとはショウガ科の熱帯性植物であるターメリックに含まれている黄色の色素でポリフェノールの一種。沖縄では、ウコンと呼ばれています。胃腸障害に効く薬として有名です。

NO IMAGE

タヒボ

タヒボから発見され、「NFD」(ナフト・フラン・ディオン)と命名された新規成分は、健康維持の現場からも注目を集め、星の数ほどある健康食品の中でも科学的根拠を有する数少ない天然樹木茶です。

NO IMAGE

ポリフェノール

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含まれている色素や渋み・苦みの成分のことで、強い抗酸化作用があり、老化の原因と言われる活性酸素を除去する働きがある。有名なポリフェノールと言えば、お茶のカテキンや大豆イソフラボン、赤色色素のアントシアニンなどがあります。

NO IMAGE

ヤムイモ

ヤムイモとは、ヤマノイモやナガイモ、自然薯(じねんじょ)を含むヤマノイモ属の食用種の総称で、アフリカ・熱帯アジアにかけての広い地域で主食として栽培されています。その種類は600~700種あると言われています。