ガン予防一覧

NO IMAGE

アホエン

アホエンとは、ニンニクに含まれる成分で、ニンニクを100℃以下の熱で加熱するとアリシンがアホエンに変化します。アホエンには強い抗酸化作用があり、脳の老化予防、コレステロールの抑制、ガンの予防、肌の健康など様々な効果があるとされています。

NO IMAGE

カゼインホスホペプチド

カゼインホスホペプチドとは、カゼインと呼ばれる牛乳のたんぱく質から作られるペプチドの一種とされていて、カルシウムの吸収を促進する働きがあるといわれている成分です。

NO IMAGE

ケフィール

ケフィールには発酵食品に代表される効果のひとつである胃腸や便秘、下痢などの消化器系疾患に非常に効果があり、腸内の善玉菌を増やす作用や、糖尿病にも有効だとされています。また、ガンの予防効果やコレステロール値の低下作用、アレルギーの抑制効果などがあるとも言われています。

NO IMAGE

ゴマリグナン

ゴマリグナンとは、胡麻の抗酸化成分の総称です。セサミン、セサモール、セサミノール、セサモリノール、セサモリン、ピノレジノールなどがあります。特にセサミンは肝臓で良く働き、胡麻の繊維質が分解されてできるリグナン類の一種です。

NO IMAGE

ドコサヘキサエン酸(DHA)

DHAはEPAと同じくマグロなどの魚油に多く含まれているn-3系の多価不飽和脂肪酸で、DHAは頭のよくなる脂肪酸として評判のある機能性成分です。脳の情報伝達や記憶の保持に大きな影響を与えていると考えらています。