+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

シスチン

◎シスチンに期待される効果◎
解毒作用 他

シスチンとは

スポンサードリンク
シスチンとは、皮膚代謝などに深く関与する代謝酵素を活性化させる働きをもつアミノ酸「システイン」が2つ結合したもので、肌の角質層や、毛髪、爪などに多く含まれています。イオウを含むアミノ酸(含硫アミノ酸)の一種であり、抗酸化作用のある「システインペプチド(グルタチオン)」の供給源ともなります。
シスチンは、牛肉、羊肉、牛乳、さけ、オートミール、小麦粉などに含まれます。

シスチンの効能・効果

シスチンの主な働きとしては、傷の治癒の促進、ブドウ糖の代謝などがあげられます。また、シスチンには、体内で代謝されると硫黄を出しほかの物質と反応して解毒する作用があるので、鋼などの有毒金属や、喫煙・飲酒などで生じるフリーラジカル(活性酸素。細胞を傷つけ、病気をひきおこす原因ともなる。)から、からだを守ります。治療を目的としてある程度の量を摂取すれば、X線や放射線の害も防げることがわかっています。

シスチンご利用上の注意点

 -

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.