+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

セサミン

◎セサミンに期待される効果◎
抗酸化作用、肝臓機能改善 等

セサミンとは

スポンサードリンク
セサミンとは、胡麻(ゴマ )から とれる栄養成分の一種で、ゴマ一粒に 約 1% しか 含まれないという抗酸化物質である 『 ゴマリグナン 』 の成分のうちの一つになります。
ごく僅かしかゴマに含まれていないため、食事で摂取するには難しいと言えます。やはり効率よく摂るには、サプリメントの利用がよい方法といえます。市販のサプリメントには、DHAやEPAなどの有効成分を加えたものが多く、効率よくセサミンを摂ることができます。

セサミンの効能・効果

セサミンは、老化や動脈硬化の予防に働き、肝機能の強化にもいいと言われています。それは、セサミンが体内に吸収されると、効率よく肝臓にまで届き効果を発揮するからです。また強い抗酸化作用がありますので、アンチエイジング作用にも優れています。
セサミンの効果を列挙すると

  • 強い抗酸化力による細胞の老化防止の効果
  • 抗酸化作用による美容やアンチエイジングの効果
  • 悪玉コレステロールの増殖を抑制する効果
  • 動脈硬化や血管障害の予防や改善の効能
  • 肝機能を向上させる効果

等があげられます。

セサミンご利用上の注意点

セサミンは、日常的な食品として利用されているゴマからとれる栄養成分であることから、特に問題となる副作用などは報告されていないようです。セサミンの1日の摂取量の目安は、10mg前後といわれています。ゴマから摂取するためには、殻をすりつぶしてからの方が好ましい。さらに効果をあげるために、ビタミンEと併用すると摂取効率が上がります。。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.