+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

セイヨウサンザシ

◎バレリアンに期待される効果◎
血流改善作用、動脈硬化予防、生活習慣病予防、血圧安定作用、抗酸化作用 他

セイヨウサンザシとは

セイヨウサンザシはヨーロッパ、北アフリカ、インドが原産のバラ科の植物です。ヨーロッパでは心臓血管系の疾患に対する植物性の治療薬の筆頭とされています。主に実の部分の抽出エキスがサプリメントに利用される。

セイヨウサンザシの効能・効果

セイヨウサンザシセイヨウサンザシには、フラボノイド、オリゴプロシアニジン、トリテルペノイドなどが含まれています。
心臓の筋肉を丈夫にする作用や、血流を良くして血圧を下げる作用を持つ。ヨーロッパでは心臓病の薬として古くから利用されてきた。現在では研究が進んだ結果、心臓や循環器系に効果があることが明らかになりました。その作用は穏やかで、持続性があるのが特徴です。冠状動脈を拡張し、血流を増大することで、心臓の酸素不足を防ぎ、間接的に心筋の働きを助けます。

セイヨウサンザシご利用上の注意点

適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブとされています。しかし、循環器官用薬のジギタリスを含む製剤との併用は、副作用として中毒の発現の恐れがあります。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.