+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

サポニン

◎サポニンに期待される効果◎
抗カビ作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・血圧降下作用・肥満防止作用・抗インフルエンザ作用 等

サポニンとは

スポンサードリンク
サポニンとは、構造的にはトリテルペンやステロイドにオリゴ糖が結合した配糖体の一種であり、シャボン玉のシャボンと語源は同じで「泡立つ」という意味です。
サポニンは、分子の中に水になじむ部分(親水性)と油になじむ部分(疎水性)の両方を持っているため、石鹸と同じように油を溶かし水で洗浄できる界面活性作用があります。このような作用から、サポニンはヒトの食物中でコレステロールの吸収を抑制するなど健康上有用な物質の一つです。サポニンは、大豆、小豆、ウーロン茶、アスパラガス、高麗人参などに含まれていますが、特に大豆に多く含まれています。

サポニンの効能・効果

大豆サポニンは、人の体内でも脂質の過酸化を抑制し、代謝を促進すると考えられており
人参サポニンには、血糖値をコントロールして正常にするインスリン様作用、中性脂肪やコレステロールの生成抑制、血小板の凝集抑制、血圧の適正なコントロール、造血作用を高めるなどの働きが報告されています。また、サポニンには、腸から吸収されたブドウ糖が脂肪に変化することを抑制する作用があり肥満防止にも役立つとされています。

サポニンご利用上の注意点

サポニンは、植物界に広く存在しますが、溶血作用など有害な働きをするものもあります。小豆に含まれるアズキサポニン、大豆の大豆サポニン、人参サポニンは有害な副作用がありません。とはいえ、過剰摂取は避けて下さい。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.