+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

サフラワー

サフラワーに期待される効果
生理痛、貧血、冷え性、更年期障害、高血圧や動脈硬化の改善、狭心痛の緩和 等

サフラワーとは

サフラワーとは、和名で「紅花(ベニバナ)」と 呼ばれる植物でキク科の一年草です。山形県などの産地が有名で、県花にもなっています。サフラワー油という商品名で販売されており、一般的なサラダ油として利用されています。全草を食用、薬用として利用します。花は口紅や染料としても用いられています。

サフラワーの効能・効果

サフラワーサフラワーの種子はベニバナ油として利用されますが、リノール酸やビタミンEを豊富に含み、血中コレステロールを下げる効果があることで注目されています。花には、黄色色素のサクロールイエロー、紅色色素であるカルタミン、リグランなどの成分が含まれていますが、これら色素には、血液循環をよくし、血液をきれいにする作用があります。
サフラワーは、漢方では浄血剤として用いられ、女性特有の症状である生理痛、生理不順、貧血、冷え性、更年期障害などに薬効があるとされています。利用法としては、乾燥花を煎じてお茶として飲んだり、ホワイトリカーに漬け込みベニバナ酒として飲用します。

サフラワーご利用上の注意点

お茶にして飲む場合、妊娠中の人には不向きです。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.