+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

サフラン

◎サフランに期待される効果◎
喘息、冷え性、生理痛・生理不順改善、更年期症状改善 等

サフランとは

スポンサードリンク
サフランとは、地中海沿岸を原産とするアヤメ科サフラン属の多年草で、多年生の球根植物です。別名をクロッカスともいいます。
サフランはめしべの柱頭を乾燥させたもので、香料や着色料として使うほか薬用にも使用されています。サフランライスやパエリア、ミラノ風リゾット、クスクス、ブイヤベースには欠かせない香辛料です。サフランとして利用できるのが雌しべだけのため、収率が非常に低く、1グラムあたり500〜1000円ほどもする高価なスパイスとしても有名です。

サフランの効能・効果

サフランサフランには黄色いカロチノイド色素が含まれており、南フランスの名物料理「ブイヤベース」や、スペインの「パエリャ」にはかかせないものとなっています。またインド料理のサフランライスでもおなじみです。
サフランは、ヨーロッパでは喘息の治療に使われていますが、10g以上を一度にとった場合流産が起こったという海外の報告があるので、過剰摂取は禁物です。
サフランは漢方でも生薬のひとつとして利用されており、生薬としては「番紅花(ばんこうか)」といい紅花と同じように「血」をめぐらせる作用があり、鎮静、鎮痛、通経、喘息、更年期障害や冷え性などの婦人病に効果があるといわれています。

サフランご利用上の注意点

サフランの薬効は紅花より強いため、用法用量に注意が必要です。とくに妊婦には使用を控えたほうがよいでしょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.