+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ルテイン

◎ルテインに期待される効果◎
ドライアイ、疲れ目、仮性近視、老眼、白内障、緑内障、飛蚊症、網膜剥離など目の病気の予防 等

ルテインとは

スポンサードリンク
ルテインとは、動植物に広く分布する色素群(カロテノイド)の一種です。総じてカロテノイドは、活性酸素を消去する作用である抗酸化作用が強力で、生活習慣病(成人病)の予防に役立ちます。
カロテノイド系物質は何百種とありますが、私たちの目に存在するものはルテインとゼアキサンチンの2種類のみであることが米国の研究で明らかになっています。(ゼアキサンチンは、ルテインのある所に必ず存在するカロチノイドです。)

ルテインの効能・効果

目の酸化による黄斑変性症は、目の中のルテインが減少して起こっているともいえます。ルテインは、目の中にできた活性酸素を除去する働きをしていますが、加齢やストレスなどによりルテインが不足すると活性酸素が活発になり、黄斑部に酸化・変性をきたして発病すると言われています。
またルテインには、目に障害を与えやすい青色光を吸収する働きがあることも、米国の研究で明らかになっています。黄斑部にルテインとゼアキサンチンが十分にあると、黄班部が健全に保たれ、青白色に対する反応、すなわち”まぶしさ”を防ぎ、映像感覚が鋭くなり物がはっきりと見えるようになります。ちょうど日中にサングラスをかけた時と同じ効果が得られるのです。

ルテインご利用上の注意点

ルテインは通常の食物に含まれている成分なので特に副作用などはありません。
ルテインは脂溶性(脂で溶ける)ため、ほうれん草は植物油やバターで炒める、青汁で摂るときには脂肪酸の多い食べ物と一緒に摂ると効率的に吸収することができます。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.