+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ラベンダー

◎ラベンダーに期待される効果◎
精神鎮静作用、抗炎症作用、殺菌作用、鎮痛作用、癒傷作用 等

ラベンダーとは

スポンサードリンク
ラベンダーとは、ヨーロッパ地方に広く分布しているシソ科ラベンダー属の多年草です。ラベンダーの花には芳香があり、古くから香料や入浴剤などに使用されてきました。サプリメントでは、花から抽出されたエッセンシャルオイルやハーブティーなど、数多く販売されています。特に、ラベンダーのエッセンシャルオイルは、アロマテラピーでも定番で、大変人気があります。ラベンダーには色々な種類がありますが、サプリメントに使用されるのは、真正ラベンダーと呼ばれるものです。

ラベンダーの効能・効果

ラベンダーラベンダーは、安全で使いやすく用途も広いので、アロマテラピーのスタートの1本にしたい精油です。ストレスに関わるトラブル全般に良く、切り傷ややけど、虫刺されには原液を肌に直接つけて対処することができます。
ラベンダーには、身体面だけでなく、精神面にも良い効果をもたらします。
精神面では、うつ気味な心を癒やす、怒りを鎮静させる、どちらかの作用もあり精神をリラックスさせます。また、身体面では筋肉痛、神経痛、頭痛、腹痛、生理痛などの痛みを和らげるほか、血圧を下げ心拍を鎮めるなど幅広く作用し、さらに日焼け跡のケアや湿しんに良く、皮膚細胞の活性化を助けます。切り傷ややけどにも使用できます。

ラベンダーご利用上の注意点

ラベンダーオイルは副作用がほとんど無いことで知られているが、血圧降下作用があることから 貧血症状 を惹起することが稀にみられます。また、妊婦および授乳中の安全性にはハッキリしたデータが無いため、利用は控えた方が賢明でしょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.