+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ポリフェノール

◎ポリフェノールに期待される効果◎
老化防止、アトピー性皮膚炎の改善、動脈硬化改善、糖尿病改善、白内障 等

ポリフェノールとは

スポンサードリンク
ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含まれている色素や渋み・苦みの成分のことで、フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなど植物が光合成を行うときにできる物質の総称です。約5000種類以上もあると言われています。
その化学構造中にフェノール水酸基が3個以上含まれる物質の総称で植物界に広く分布しており、色素成分のアントシアニン(ブドウ)やフラボノイド類(紅茶)、渋味成分のタンニン類(お茶カテキン)などがよく知られています。

ポリフェノールの効能・効果

ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、老化の原因と言われる活性酸素を除去する働きがある。体内に取り入れられた酸素の一部は、有害物質である活性酸素となって組織細胞や遺伝子に作用し、さまざまな疾病の要因になるとされています。また、 血液中には善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、悪玉コレステロールの一部が活性酸素により酸化され動脈硬化を起こすが、そこに抗酸化物質であるポリフェノールがあると、ポリフェノール自身が酸化され、コレステロールの酸化が抑制される。ビタミンCやビタミンEの抗酸化作用も同じような仕組みで抗酸化物としての役割を果たしています。

ポリフェノールご利用上の注意点

数多くの有効性を持つポリフェノールですが、一度に大量に摂取してもすぐ体外に排出されてしまうので、なるべくこまめに摂取するほうが良いでしょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.