+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ビオチン

◎ピオチンに期待される効果◎
アトピー性皮膚炎の原因を減少させる、糖尿病の緩和作用 等

ビオチンとは

スポンサードリンク
ビオチンはビタミンHとも呼ばれ、パントテン酸と共に酵素を作り、脂肪酸やコレステロールの代謝をしながらエネルギーを作り出す働きをしています。
ビオチンは、動物の肝臓や、ゆでた大豆、イワシやサバなどの缶詰に多く含まれているうえ、わたしたちの腸内細菌によって体内でもつくられているので、一般的にピオチンが欠乏するという事はほとんどありません。しかし現代人の生活にありがちな、偏食や不規則な生活、便秘、一部の抗生剤や睡眠薬の摂取によって、ピオチンが不足してしまうことがあります。さらに、古い油を使った料理や、アルコール、コーヒーを多飲する人にも同じようなことが考えられ、意識してビオチンをとるように心掛けなければ、次のような症状が起こる可能性があります。
ビオチン不足は、スキンケアに大切な「コラーゲン」の生成を低下させ、しみやしわ、脱毛や白髪、さらには疲労感やうつ病、肥満などの症状があらわれる可能性があります。また、糖質やアミノ酸の代謝にも関係し、不足すると血液中に老廃物が蓄積してしまうこともあります。

ビオチンの効能・効果

近年の研究では、ピオチンが、アレルギーの原因である「ヒスタミン」の過剰分泌を抑えることや、血糖値を下げる効果があることが分かってきました。そのため、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの症状改善薬としてもピオチンは注目されています。
これらのことを踏まえてみると、ビオチンは私たちの生活には欠かせない栄養素であり、使ってみる価値のあるサプリメントと言えるでしょう。

ビオチンご利用上の注意点

ピオチン利用による副作用は特にないようです。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.