+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

パントテン酸

◎パントテン酸に期待される効果◎
免疫力増強作用、糖質・脂質・たんぱく質の代謝促進、副腎皮質ホルモンの働きを促進 等

パントテン酸とは

パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、他のビタミンB群同様、糖質・脂質・たんぱく質等の代謝を促進する補酵素としての働きがあるため、別名『ダイエットのビタミン』とも呼ばれています。
パントテン酸は水溶性ビタミンで、すぐに尿として排泄され、貯めておくことができないが、通常の食生 活をしている人は、不足する心配はないと言われています。

パントテン酸の効能・効果

パントテン酸は、ストレスを緩和する副腎皮質ホルモンの働きを促進する効果もあります。また、ビタミンCが皮膚の傷を回復させる時等にその働きを助けます。
パントテン酸はビタミンB6や葉酸と一緒に、免疫力強化にも働き、 不足すると風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

パントテン酸ご利用上の注意点

パントテン酸は酸 ・アルカリに分解されやすく、熱にも破壊されやすいので、調理の課程では注意が必要です。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.