+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

オレイン酸

◎オレイン酸に期待される効果◎
悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールは低下させないという特徴を持つため、動脈硬化に有効とされている 等

オレイン酸とは

オレイン酸は、体内で合成が可能な一価不飽和脂肪酸で、オリーブオイルやナッツ類に豊富に含まれている成分です。他の脂肪酸と異なり、酸化しにくい特徴があり発がんの危険性がある「過酸化脂肪酸」を作りにくいのが特徴です。
オレイン酸を多く含む食品としては「オリーブオイル」「ひまわり油」「サンフラワー油」などが上げられます。また、ヘーゼルナッツやアーモンドなどのナッツ類にもオレイン酸が多く含まれています。

オレイン酸の効能・効果

オレイン酸は、動物性の飽和脂肪酸やリノール酸、アラキドン酸と異なり、高血圧や心臓疾患、動脈硬化、肥満などといった生活習慣病(メタボリックシンドローム)の症状を改善・予防する効果を持っています。さらに、オレイン酸は胃酸の分泌を調整し胃潰瘍や胃酸過多を防止し、腸の運動を促す効果も認められています。体内で合成が可能な脂肪酸ですが、オレイン酸はこれらのからだに良い作用が判明し、食品からの摂取に注目が集まっています。

オレイン酸ご利用上の注意点

 -

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.