+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ナイアシン

◎ナイアシンに期待される効果◎
皮膚の機能を正常に保つ効果、血行改善効果、心筋梗塞の再発の防止効果、統合失調症の防止効果 等

ナイアシンとは

スポンサードリンク
ナイアシンは別名ビタミンB3と呼ばれ、糖質・脂質・たんぱく質の代謝 に不可欠な水溶性ビタミンです。ナイアシンは、すぐに尿として排泄されてしまい、体内に貯めておくことができませんが、日本では、通常の食事を摂っていれば、欠乏するケースはほとんどありません。ナイアシンは、トリプトファンというアミノ酸とビタミンB2、B6から作られており、これらが不足すると体内での合成能力が低下してしまいます。

ナイアシンの効能・効果

ナイアシンは、たんぱく質や糖質の代謝を促進し、神経や脳機能の正常化、 性ホルモンの合成などに関わっています。また、皮膚・舌・消化器あるいは精神機能などの健康維持にも必須のビタミンです。肌あれが気になる人、お酒をよく飲む人は、ナイアシンを積極的に補給したほうがよいでしょう。
ナイアシンの欠乏症としては、まず「ペラグラ」という皮膚病が挙げらます。ペラグラにかかると、舌の先や縁の炎症や食欲不振などの症状がでることがあります。 また、精神的ストレスが多く、胃腸障害がある場合などはナイアシンをたくさん摂る必要があります。
また、ナイアシンは糖尿病との関係が深く、インスリンの合成と関係していますが、ナイアシンの大量摂取が糖質の処理能力を妨げるとも言われている。

ナイアシンご利用上の注意点

ナイアシンを過剰摂取した場合、神経過敏、頭痛、腸けいれん、悪心、下痢などの副作用があるといわれています。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.