+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

メラトニン

◎メラトニンに期待される効果◎
睡眠周期の調節、時差ぼけの改善、腫瘍増殖抑制作用、血管新生抑制作用、DNA修復作用 等

メラトニンとは

スポンサードリンク
メラトニンは松果体から分泌されるホルモンで、神経内分泌系の調節を担っています。その最も重要な役割は睡眠周期の調節であり、Jet-Lag(時差ぼけ)に非常に有効である事から有名になりました。その他には代謝、性行動、食欲等多くの機構に関与しており、特に免疫賦活作用や抗酸化作用により“抗加齢サプリメント”として有名です。

※松果体とは、脳の一部である間脳にぶらさがった器官のことで、松かさのような形をしています。松果体の主な働きとしては、光と磁場を感知して人体の体内時計の働きをするサーカディアン・リズム(日周の流れ)を正常に保つ働きをしています。さらに、脳内ホルモンのメラトニンを分泌して、生殖腺の機能を抑制する役割を担っています。
また、松果体は電磁波の影響を受けやすく、血中および松果体の中のメラトニンの濃度が抑制されるという報告があります。

メラトニンの効能・効果

メラトニンは睡眠を促すのみならず、体内時計の初期化を行う事が知られています。時差ぼけに有効なのは短に睡眠を誘導すのみならず、生体の日内変動を初期化することにより移動先の時間に体内時計が適合するようになるからといえます。
また、メラトニンには腫瘍増殖抑制作用、血管新生抑制作用、DNA修復作用等多彩な抗腫瘍効果が認められています。さらに、抗癌剤の毒性を減少させる効果もあることから抗癌剤治療と併用する事により治療成績の向上、生存率の改善、副作用の軽減が認められたとする数多くの報告が存在します。

メラトニンご利用上の注意点

臨床試験では頭痛、抑鬱、頻脈の報告がありますが、いずれも稀であり、安全性は非常に高いと考えられています。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.