+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

目薬の木

◎メグスリノキに期待される効果◎
目の健康維持、肝機能改善 等

メグスリノキとは

スポンサードリンク
メグスリノキ(目薬の木)とは、日本にだけ自生する珍しい植物で、四国、九州などに広く群生しているカエデ科の落葉樹です。メグッスリノキは、千里眼の木、長者の木、花楓など様々な名称で呼ばれています。

メグスリノキの効能・効果

メグスリノキは、その名の通り、江戸時代から点眼薬や洗眼薬など、現代の目薬の代わりにメグスリノキの樹皮を煎じて利用されてきました。メグスリノキの樹皮や幹、葉などには多くの薬効成分が含まれており、煎じ液には結膜炎をはじめとして、かすみ目や老眼、近視など、目の健康に効果があるとされています。
メグスリノキまた、メグスリノキは肝機能の向上にも効果があるという研究報告もあり、最近では肝臓の健康維持や動脈硬化の予防などとして健康食品にも多く使用されるようになってきました。特にお茶として飲むような製品が多いのも特徴です。その場合、目の健康維持には小枝や葉を乾燥させたものを、肝臓の健康維持には樹皮を使ったものを、動脈硬化予防には葉を煮出したものを飲むと良いとされます。

メグスリノキご利用上の注意点

メグスリノキを専門医の治療中、妊娠中や授乳中にご使用になるときは、必ず担当医にご相談ください。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.