+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

キョウオウ

◎キョウオウに期待される効果◎
生活習慣病予防、血圧降下作用、コレステロール降下作用

キョウオウとは

スポンサードリンク
キョウオウ(漢名:薑黄)は春ウコンとも呼ばれ、春になると美しいピンク色の花を咲かせることから春ウコンと呼ばれるようになりました。沖縄では春ウッチンという名前で呼ぶこともありますが、春ウコンの学名はクルクマ・アロマティカ・サルスプリー、本草名は姜黄(キョウオウ)といい、ショウガ科の多年草の植物です。南方の植物であるとされる春ウコンは、日本では沖縄の暖かい気候がもっとも栽培に適しており、本土では春ウコンを育てても殆ど花をつける事はないようです。
春ウコンの特徴として、葉の裏に毛(もう)と呼ばれる毛のようなものが生えていることです。また、春ウコンの根茎はレモン色に近い色をしており、食べると辛味・苦味等の刺激の強い味がします。
春ウコンは、ウコン類の中でもとても苦味が強く、料理用としては不向きなので、健康食品に多く使用されているようです。また春ウコンは、掘り起こした根を放置したままで置いておくだけでも、いつのまにかそこから芽を咲かせているというくらい、大変に生命力が強い植物でもあります。

キョウオウの効能・効果ご利用上の注意点

キョウオウキョウオウ(春ウコン)の主成分としてはクルクミンが多く含まれており、他にもターメロン、クルクモール、フラボノイド、カンファー、アズレン、シネオールといった精油成分が豊富に含まれています。その他にも、リン、鉄、カルシウム、マグネシウム等といった食物繊維やミネラル類など様々な成分も豊富に含まれています。
春ウコンは、肝機能の薬効として向いています。肝機能を強化する事が出来るウコンが、春ウコンだと考えておきましょう。その他にも、抗がん作用、抗酸化作用、コレステロール値を抑えてくれます。

キョウオウご利用上の注意点

春ウコンの副作用は、ないと言われているのですが、過剰摂取や長期間服用してしまうと副作用が出てしまう恐れがあります。肝機能に効くといわれている春ウコンも過剰摂取や長期間服用してしまうと、逆に負担を掛けてしまい肝機能を低下させてしまいます。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.