+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

キャッツクロー

◎キャッツクローに期待される効果◎
鎮痛作用、抗炎作用

キャッツクローとは

スポンサードリンク
キャッツクローは、南米ペルーの中央山岳部の森林地帯に自生するアカネ科の大きなつる状の樹木で、成長すると 10m~30m、直径15cm位になります。葉の付け根にネコのつめのようなトゲが生えていることからスペイン語で「ウニァ・デ・ガト」、英語で「キャッツクロー」、つまり”猫の爪”と呼ばれています。
キャッツクローは、南米(ペルー・エクアドル・コロンビア等)の熱帯雨林地帯に自生していますが、ペルー産のキャッツクローが最高とされています。 キャッツクローは、1ヘクタールにわずか2~3本しか生育しないほど土地の滋養を必要とする樹木で、現地でも非常な貴重品として扱われ、幻の薬用樹木と呼ばれています。

キャッツクローの効能・効果

キャッツクローは主に薬用成分である6種類のアルカロイドが含まれています。そのアルカロイドが、鎮痛、抗炎作用に優れており、リウマチ、腰痛、関節炎、肩こり、膝痛、神経痛、痛風などあらゆる痛みの緩和に効果的です。 また、アメリカでは「キャッツクロー」の研究が進み、ガンや脳溢血、心筋梗塞などの予防、再発防止として効果が期待され、薬理研究も盛んにおこなわれています。

キャッツクローご利用上の注意点

現在のところ、副作用の報告、事例はないようですが、キャッツクローにはホルモンの調整作用もあることから、現在妊娠中の方は、摂取を控えた方が良いとおもいます。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.