+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

クルクミン

◎クルクミンに期待される効果◎
解毒作用、胆汁分泌促進、抗酸化作用 等

クルクミンとは

スポンサードリンク
クルクミンとは、ショウガ科の熱帯性植物であるターメリックに含まれている黄色の色素でポリフェノールの一種です。沖縄では、ウコンと呼ばれています。胃腸障害に効く薬として有名です。
アメリカで行われた科学学会のウコンについての報告、「悪い細菌を殺し、有害な活性酸素を除去する作用があり、いくつかのガンを阻害する働きがある」などの発表のほとんどは、ウコンの主成分であるクルクミンの効能を指しています。
また文部省では、文部省重点領域研究「機能性食品」の研究報告のなかで、「クルクミンはショウガ科ウコン中に存在する黄色い色素であるが、これは広く食品系でも主体モデル系のいずれにおいても抗酸化性を示す事が分かっている。」としています。また、クルクミンとその代謝物であるテトラヒドロクルクミンの抗酸化力が糖尿病の合併症予防に働くのではないかと言われています。
沖縄ではむかしからウコンは酒飲みの友とされ二日酔いの防止に使われてきました。それはウコンに含まれているクルクミンの働きによるものです。

クルクミンの効能・効果

クルクミンは、肝機能を改善、回復させる効果が高いとされ、中国やインドでは古くから黄疸に効く薬として珍重されてきました。日本でも二日酔い予防薬や胃腸や肝臓の薬として利用され的ました。
クルクミンは、胆汁の分泌を促進して、強力な解毒作用を発揮することで、肝臓の機能を高める働きがあります。さらに、クルクミンは、抗酸化による老化防止、がん抑制、殺菌作用による胃炎の抑制などにも高い効果があります。

クルクミンご利用上の注意点

クルクミン自体での副作用はないようです。ただし、ウコンそのものはショウガ科ですので、人によっては過剰摂取することでアレルギー症状や過敏症などが出る場合があるようです。また、妊娠中や授乳中の方は使用前に医師への相談をしてからのほうがいいでしょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.