+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

クロロフィル

◎クロロフィルに期待される効果◎
コレステロール値降下作用、血中脂質の酸化防止、貧血の改善、解毒作用、整腸作用、炎症鎮静作用、抗菌作用、脱臭作用 等

クロロフィルとは

スポンサードリンク
クロロフィルとは、植物や藻類などに含まれる緑色の色素で、葉緑素ともいいます。
クロロフィルは植物が太陽光のエネルギーを使って、空気中の二酸化炭素から糖類を合成する光合成に不可欠な成分です。酸化条件下で加熱したりすると、分子内のマグネシウムが水素に置きかわってフェオフィチンとなり、褐色がかった緑色に変化します。

クロロフィルの効能・効果

クロロフィルは、消臭・殺菌効果のほかに、ビタミンCとの相乗効果で美白・美顔などの化粧品・口臭予防液に入れられる。銅と結びついた銅クロロフィルは顔料としての色落ちが少ないことと、鉱物顔料より肌にやさしく、メイク用に使われています。クロロフィルの原料は、淡水系藻類のスピルリナやよもぎ、わかめのような海藻類から分離抽出されています。クロロフィルは油溶性でもあり、角質の皮脂層で溶け、その優れた抗菌性と殺菌力で、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を防ぎ、肌の炎症を抑える効果があります。

クロロフィルご利用上の注意点

 -

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

Comments are closed.