+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

クレアチン

◎クレアチンに期待される効果◎
疲労回復作用、筋肉活性化作用 等

クレアチンとは

スポンサードリンク
クレアチンとは、アルギニン、メチオニン、グリシンなどのアミノ酸から構成されるリン酸で、赤身の肉や魚に多く含まれている物質をいいます。
クレアチンは、構造がアミノ酸であるアルギニンに似ていることから、アミノ酸と混同されることがあありますが、正確にはアミノ基をもたないのでアミノ酸とは別のものです。一方、分解されるときには、アミノ酸のように尿素にはならず、クレアチニンとなって尿中に排出されるという違いがあります。

クレアチンの効能・効果

クレアチンは運動時における瞬発力に大きな効果を発揮することから、トップアスリートの間でも非常に注目されているサプリメント成分です。また、すばやく疲労回復ができるという点でも、スポーツ界からの注目は大きいものがあります。特に、短距離走競技や距離の短いロードレースには効果的だといわれています。

クレアチンご利用上の注意点

クレアチンについての研究はまだ十分とはいえません。多量のクレアチンを摂取すると、分解産物であるクレアニチンの血しょう中の濃度が増大し、結果的に尿量が増加して腎臓や心臓に負担をかける可能性が指摘されています。実際、クレアチンを常用していたスポーツ選手が腎機能障害を起こしたという報告や、心不全で死亡したという報告も出てきています。
クレアチンは、肉や魚にも十分な量(100g当たり約200mg)が含まれているので、やみくもな摂取は避けるべきでしょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

Leave a Reply