+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

カシス

◎カシスに期待される効果◎
眼精疲労、肩こり、冷え性改善、抗酸化作用 等

カシスとは

カシスとは黒スグリとも呼ばれ、欧州やアジアの寒冷地で生育しているユキノシタ科スグリ属の果樹で、ブルーベリーやイチゴといったベリー類の仲間です。ぶどうの実を小さくしたような形です。カシスは、直径1cm程度の濃い紫色の実をつけますが、これはベリー類の一種で酸味が強く特有の香りがあり、少しクセが強いので、果実はジャムやリキュールの原料に利用されています。

カシスの効能・効果

カシスは、ヨーロッパでは昔から薬用として用いられており、それにはオレンジの約10倍ものビタミンCや、さらにアントシアニンを多く含まれていることから目にもよいと言われています。
カシスの効能に大きく起因しているのがアントシアニンです。アントシアニンの効能が、抗酸化作用や眼精疲労に関するものであり、カシスの効能とは、このアントシアニンの作用によるものです。
カシスに含まれるアントシアニンには「デルフィニジン-3-ルチノシド」という成分が半分近くを占めており、この成分には末梢血管の血流を改善する作用があります。この作用が目の筋肉の緊張も緩和させる効果があると考えられています。さらに最近、ベリー類の果汁には、風邪やインフルエンザなどのウイルスを予防する作用が発見されています。
カシスの効能は、眼精疲労・肩こり・冷え性改善・抗酸化作用が知られています。

カシスご利用上の注意点

現在のところカシスによる副作用は確認されておりません。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.