+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

カロチノイド(カロテノイド)

◎カロチノイドに期待される効果◎
ビタミンA効果、抗酸化作用、免疫活性作用、抗がん作用、たんぱく質・膜安定作用、生殖・成長作用 他

カロチノイドは

カロチノイドはカロテノイドとも呼ばれます。カロチノイドは、緑黄色野菜や果物に含まれる色素成分の総称で600種類以上あります。αカロチン(にんじん、かぼちゃ)、β カロチン(にんじん、ブロッコリー)、リコピン(トマト、すいか)、ルテイン(ブロッコリー、ほうれん草)などが代表的です。
動植物界に多く分布している黄色ないし赤色の脂溶性色素で、カロテン類とキサントフィル類に分類されます。カロチノイドは光に対して不安定で、酸化を受けて変色または退色しやすい性質を持ちます。動物はこのカロテノイドを合成できません。

カロチノイドの効能・効果

カロチノイドは活性酸素から体を守る抗酸化作用が強く、心臓病や脳卒中、ガンを抑える働きがあります。

カロチノイドご利用上の注意点

カロテノイドは、一種類だけでは効果が低いので、複数の食品からさまざまなカロテノイドをバランスよく摂取することが大切です。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.