+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

カフェイン

◎カフェインに期待される効果◎
覚醒作用、興奮作用、耐久力の向上作用、利尿作用等

カフェインとは

スポンサードリンク
カフェインとは、ニコチン、モルヒネなどと同様に、興奮、強心、利尿作用があるアルカロイド(植物の葉、幹、種などに含まれる植物由来の天然成分)です。
カフェインは、コーヒー豆、茶葉、カカオ豆などの植物に含まれるていることで有名ですが、玉露やウーロン茶のほうにより多く含まれています。また、カフェインは体に良くないと思われがちですが、それは単なる誤解です。飲み過ぎるのは確かに良くありませんが、それはどんな食品にも言えることです。カフェインも同じことで、摂取方法やその量にさえ注意すればすばらしい効果が得られることは言うまでもありません。
現在では、カフェインの味や効能が評価され、数多くの食品や飲料に添加されています。

カフェインの効能・効果

コーヒー豆カフェインの主な作用に、覚醒作用、興奮作用、耐久力の向上作用、利尿作用などが挙げられます。
カフェインは、大脳などの中枢神経に興奮(覚醒作用)を与え、人体を刺激します。その結果、眠気を防いで知的作業能力を向上させたり、運動能力を向上させたりする効果があります。また、カフェインを摂取して適度な運動を行うと、筋肉中の栄養源(ブドウ糖=グリコーゲン)よりも先に、脂肪をエネルギー源として利用する現象がみられ、持久力の向上に役立ちます。さらに、お茶は二日酔いにも効果があるといわれますが、これもカフェインの働きによってアルコールの代謝が高められるためです。
歴史的にみて人類がお茶を嗜好飲料として飲むようになったのは、カフェインの作用によって気分が爽快になるためだと考えられています。

カフェインご利用上の注意点

カフェインを、一度に大量に摂った場合、消化性潰瘍、心臓への負担、けいれんなどの急性中毒が起こります。特に睡眠前の摂取は控えた方がよいでしょう。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.