+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

イソマルトオリゴ糖

◎イソマルトオリゴ糖に期待される効果◎
免疫力増強、便性・便通改善、集中力の向上、防腐作用等

イソマルトオリゴ糖とは

スポンサードリンク

イソマルトオリゴ糖は、グルコースを構成糖とするオリゴ糖で、主に味噌、醤油、清酒など馴染みの深い伝統的醗酵食品や、蜂蜜にも含まれている、さわやかな甘味を持つ天然成分です。

イソマルトオリゴ糖の効能・効果

イソマルトオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌を増殖させる働きがあり、便通をよくするなど腸内環境の改善に効果的とされている成分です。「おなかの調子を整える食品」などの特定保健用食品(トクホ)の表示を認められている製品も販売されています。
イソマルトオリゴ糖は他の糖類と比べて熱や酸の影響を受けにくいといわれていますので、料理に使用しやすいオリゴ糖といえるでしょう。
また、イソマルトオリゴ糖を配合した飲料やテーブルシュガーなどは「おなかの調子を整える」トクホ(特定保健用食品)として厚生労働省から認められています。

イソマルトオリゴ糖がビフィズス菌を増やす

イソマルトオリゴ糖を1日に10g連続して2週間程度摂ると、腸内のビフィズス菌が増えます(個人差があります)。
摂取されたイソマルトオリゴ糖は消化酵素によって消化吸収されずに消化管下部まで到達します。そこでビフィズス菌や乳酸菌に選択的に利用され、これらの有用菌が増殖します。一方で有用菌の増殖した腸内環境では、有害菌の増殖が抑制され、腐敗産物などの有害物質の生成が抑制されます。また、外来の病原菌や常在の日和見菌の増殖が防止されます。
また、イソマルトオリゴ糖により活性化されたビフィズス菌や、乳酸菌などが免疫担当細胞を刺激し、免疫力を増強します。

イソマルトオリゴ糖は安定した成分

イソマルトオリゴ糖は、熱に対する安定性に優れ、夏場タンク内の温度が上昇した場合や、熱加工した場合でもその効力は失われません。
さらに、酸に対しても極めて強い性質がありますので、最近使用され始めている酸性剤と併用しても効力が失われません。

イソマルトオリゴ糖ご利用上の注意点

イソマルトオリゴ糖の摂取過剰で、下痢などの原因になる場合もあるので注意が必要です。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.