+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

ヒアルロン酸

◎ヒアルロン酸に期待される効果◎
美白・美肌作用、生理痛や生理不順の改善、関節痛の改善 等

ヒアルロン酸とは

スポンサードリンク
人間の細胞は、細胞と細胞の間を埋めているムコ多糖と呼ばれる物質によって守られています。ヒアルロン酸はムコ多糖の一種で、粘り気があり、 保水力はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで6L)もあります。コンドロイチンと同じ働きをし、親密な相互関係にあります。動物性食品に 多く含まれていますが肉ではなく骨や皮、関節といった部位に多く含まれます。ヒアルロン酸の保有量は胎児のときが一番多く、誕生すると共に 年々減りつづけ、成人以降は4分の1にまで減少するといわれています。

ヒアルロン酸の効能・効果

ヒアルロン酸は細胞組織の構築、細胞外液の水分調節、潤滑剤、創傷治癒などの働きをするといわれています。その他にヒアルロン酸は、体内の細 胞を活性化し、必要な栄養素を必要な場所に運ぶ働きをします。多くのミネラル類、アミノ酸、ビタミン類を運ぶので、活性酸素の除去や、細胞の 劣化防止に役立つと言われています。まさにアンチエイジング、若返りの成分として健康食品、サプリメント業界だけではなく化粧品業界にも注目 されている成分です。

ヒアルロン酸と老化・若返り

ヒアルロン酸は老化現象と深い関係があります。若返り(アンチエイジング)のための化粧品などで、よくヒアルロン酸が利用させるのはそのためです。
ヒアルロン酸はもともと体内で作られていますが、ヒアルロン酸自体が大変壊れやすく、また加齢とともに作られるヒアルロン酸の数が減少するという特徴があります。
体内のヒアルロン酸の量は幼少時が最大です。赤ちゃんの肌がすべすべ、つるつるで潤っていることが多いのはこのヒアルロン酸が大量にあるということも関係しています。あとは加齢とともにヒアルロン酸は減少していきます。生まれた時のヒアルロン酸の量を100とすると、40歳で約半分、60歳ではなんと四分の一になってしまいます。
体の保湿機能を持つヒアルロン酸が減少すると、その影響で肌の保水力、張りが失われ、「しわ」「たるみ」などの発生といった老化現象を引き起こすようになります。年齢とともに体内で減少し、不足してしまったヒアルロン酸を補うことは、こういった老化現象を改善し若返り(アンチエイジング)効果をもたらすのです。

ヒアルロン酸注射の副作用

最近になって、ヒアルロン酸の保湿力や効果を期待して、肌に直接注射をするといった方法に人気が集まっているそうです。食品からの摂取や、肌への塗布と言った方法よりも即効性に優れ、美容形成外科などで行われています。しかし、皮膚への注射自体は厚生労働省では認められておらず、あくまで、医師が責任を持って使用しますとの条件により、ヒアルロン酸の輸入が認められているというのが現状です。中には個人で輸入し、自己注射を行っている方もいるですが、衛生上も問題があるでしょうし、さまざまな後遺症や副作用が報告されています。素人の方は、決して安易に行わないようにしてください。

ヒアルロン酸ご利用上の注意点

ヒアルロン酸というのは、元々人間の体内で作られている物質なので使用法さえ間違えなければ副作用はほとんどないようです。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.