+1 button
トップリンク
  • QLOOKアクセス解析

グルコサミン

グルコサミンに期待される効果
関節炎の改善、美肌、生活習慣病の予防 他

グルコサミンとは

スポンサードリンク
グルコサミンは、カニ、エビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質に含まれ、また人間では糖蛋白質の成分として軟骨、爪,靱帯、心臓弁などに存在しています。グルコサミンは、軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。また、皮膚や軟骨などの基本成分となるため、傷ついた軟骨の修復を促進し、関節炎(変形性関節症等)の痛みや腫れを改善する効果があります。
グルコサミンは、加齢とともに減少し、関節部をつなぐ軟骨が破壊され、関節炎を引き起こす原因となりますが、グルコサミンを摂取することにより、磨り減った軟骨を元に戻し、軟骨が破壊されるのを防ぐ効果が期待されています。

グルコサミンの摂取方法

グルコサミンは、一般的な食物にはごくわずかしか含まれていません。しかし、予防目的や健康維持程度ならグルコサミンを多少とも多く含む食品(ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくらなど)を食べることをオススメします。しかし既に起きてしまった関節の痛みや変形性関節症の方は、より多くのグルコサミンを摂る必要があります。グルコサミンの一日の摂取量の目安は、1500mg以上と言われています。グルコサミンを効率よく摂取するためには、サプリメントの活用をオススメいたします。
グルコサミンを摂取してから、早い人で1~2週間、平均で2~3ヶ月で、痛みが軽くなり、関節が動かしやすくなるという効果が現れるといいます。

グルコサミンの効能・効果

グルコサミンは、磨り減った軟骨を元に戻す働きをします。また軟骨が分解するのを防ぐ働きもします。また若干の抗炎症作用も確認されています。
グルコサミンを摂り出して1週間か2週間で少し良くなったと感じる人が多くいます。一般的には8週間以内に改善が顕著になってきます。この段階では痛みやその他の症状が改善されてきただけで、この病気の根本的な原因は取り除かれていません。軟骨の再生には時間がかかりますので、病気を根本から治すためには長期間摂取が必要です。痛みが減ってきたら定期的な運動とオメガ3脂肪酸の摂取でより改善のスピードを速めることができます。

グルコサミンにより期待できる効果

  • 関節の動きをなめらかにします。
  • 歩行時の膝の痛みや違和感をとります。
  • 起きあがるときの腰や足のつっぱり感を無くします。
  • 股関節やひじなどの痛みや違和感から開放されます。

グルコサミンご利用上の注意点

一番出やすいとされている副作用がは、下痢や便秘、ガスが出るなどの消化器系のものです。また、糖尿病の人、及び妊娠中の場合は、グルコサミンを摂る前に医師に相談なされることをお勧めします。

※当サイトに記載したサプリメントの成分・植物などの効果・効能などは一般的な事項で、特定の商品の効果・効能を表すものではありません。

スポンサードリンク

Comments are closed.